古着 通販

古着の通販サイト

みなさんは、お洋服はどこで購入されますか?
私もいろいろショッピングにも行きたいのですが、ここのところ何かと予定が詰まって、最近はほとんど通販です。

でも、なんだかマンネリ気味なんですよね。
そんなふうに思っていたら、先日、知人の女性に会った時、彼女が実に個性的でいい感じの服を着ていたのです。

思わず、どこで買ったのか聞いてみたら、「インターネットの通販サイトで買った古着なの」って言うんです。
古着と言っても、ヨーロッパ系の上品な服で、全く古着という感じがしないし、すごく彼女に似合っていました。

それで、私も早速いろんなサイトを見てみたのですが、いや〜いろいろあるものですね。
少し前までは、古着というとジャンク品ばかりで、なかなかお宝には巡り合えないというイメージがありました。

でも、今は、写真もわかりやすいし検索もできるし、便利で親切なサイトがたくさんありますね。
もう楽しくて、次々とウィンドーショッピングしてしまいました。

しばらくファッションにあまり興味を持っていなかったのですが、私、久々に興味ワクワク復活です。
新しい服を買おうと思うと、いつも、どんどんモデルチェンジしていて、うまく着まわしできなかったりします。

また、組み合わせがイマイチ難しかったり、体型に合わなかったりで、ついつい同じような物を買ったりしていました。
でも、これからは、流行のアイテムを買うばかりじゃなくて、ベーシックなものや、いろんな組み合わせが広がっていきそうです。

古着を見直そう!

お洋服は、これからは「古着」でいこう!・・・と決めたものの、ちょっと待って・・・、私のクローゼットは満杯です。
せっかく、リサイクルの精神をもって、古着を買おうというのに、自分の衣類がクリアになっていないのは問題ですね。

まずは、クローゼットの中を整理整頓することから始めないと・・・。
さっそくお休みの日に整頓してみたら、あるある・・・もう何年も着ていない服や新品のまま入れっぱなしの服が。

このまま着ないとすると、ほんとうにタンスの肥やしですね。
古着を買うというより、まず自分の服からリサイクル・・・まとめて売ることにしました。

ついでに、実家の母や親戚のオバさんにも声をかけて・・・みんなでリサイクルの輪!・・・お宝がザクザク出てきました。
いや〜、母たちの昔の服って、オシャレな服が多いですね。

ファッションは繰り返すっていいますが、そのまま今、着れそうな服がたくさんあるのです・・・体型が合えばの話ですが。
でも、私がうっかりそう言うと、母が「直せばいいじゃないの、昔はみんな、そうやって着たものよ」と言いました。

今、「エコロジー」とか「リサイクル」「リユース」とか、しきりに言われてますが、昔は当たり前だったのですよね。
「あまり、物が流通していなかったから、自分でいろいろ工夫して作ったものよ。」「もう、大量に買って、大量に消費して、捨ててしまう時代は終わったのよ。」と、母たちは言います。

確かに、物や自分の身の回りを見直すことは、大切なことだと実感しました。
みなさんも、時間があったら、クローゼットやタンスの中を整理整頓してみてはいかがですか・・・?

古着と通販

自分たちの服を整理したところで、母に古着の通販サイトを見せてあげたところ、「1つ1つ見せてくれるなんて、親切ね〜。」と、感激していました。
たしかに、最近は、普通の通販サイトも「拡大画面」が出たり、説明もわかりやすくて、どんどん使いやすくなってきています。

ですから、古着サイトもどんどん変わってきたようです。
案外、オークションが流行っているということも、関係しているのかもしれませんね。

その人にとっては不要な物でも、欲しい人にとっては「お宝」ですから・・・。
それで、「古着サイト」ですが、「大型でたくさん在庫や新入荷品がある店舗」から「個性的な個人のお店」まで、実にいろいろなタイプがあります。

最近は、発送に「メール便」もOKなところが出てきました。
古着は1点物なので即決が基本ですが、何枚も気に入ったものがあるとは限りません。

そんな時、1〜2枚のTシャツを送るのに、一律に宅配便では送料がもったいないですよね。
小さく丸めたり、たたんだりして、郵便かメール便で送れば送料が安く済むし、受け取るほうもインポストなので気楽です。

ほんとうにたくさんのサイトがあるので、いろいろ見てみて、自分にあったサイトを見つけることが大事です。
それから、たとえ自分の好みではなくても、なにか触発されるサイトというのもあるといいですね。

オシャレの冒険ポイントという感じで・・・。
そして、気に入った商品があったら、まず、買うことにして、その時に、お店のスタッフさんに、メールなどで気軽に質問してみましょう。

スタッフさんは、ファッションや古着が大好きな人たちなので、きっとステキなアドバイスやファッションのポイントなどを教えてくれると思いますよ。